言いにくい話ですが

毎年、お彼岸になると県外から帰省されるお客様とお会いするのですが
今年はなかな難しく、お電話でご連絡させていただきました。

主に県外在住の売主様に
お預かりしている不動産の販売活動状況のご報告

なかなか売却が決まらない不動産については
率直に、内覧をされた方のご意見をお伝えしています

価格が高い
売却条件を変えてほしい

などなど、売却に至らない理由をお伝えしたうえで
価格や、売却条件の見直しを提案しました

売主様へのご提案は、”価格を安くすること”になりますが
売主様にとっては大切な資産である不動産

売却しなくてはいけない状況ではあるけれども
簡単に値下げしたくはないのは当然だと思います
(私も心苦しいです)

ただ、売却できない状況のままでは本来のご希望に沿っていません

私からは
大切な財産だからこそ
放置した結果荒れ果てて、ご近所の迷惑になる前に
台風や震災のたびに、老朽化した家の心配をしなくてもいいように
この不動産を生き返らせてくれる方のために
購入しやすい価格への変更をご検討いただけないですか?
とご提案しました

ご了解いただいた売主様もいましたし
即返事は難しいけど検討してくださるという売主様もいました

私はむやみに値下げの提案はしません
購入希望者の方のご意見を代弁させていただいています

ですので、売主様からしたら聞きたくないご提案かもしれませんが
少し耳を傾けてくださると幸いです

関連記事


PAGE TOP