マイホームは登場人物がいっぱい

マイホームのお手伝い歴10年

200組以上のお客様を見てきた中で

本当にあった、マイホームの裏側をお伝えします。

マイホームは登場人物がいっぱい

一生に一度のマイホーム

せっかくおめでたいことなので

これからマイホームで過ごす家族はもちろん

ご実家のご両親にも喜んでいただきたいですよね。

今回ご紹介する事例はA様ご夫婦

県外の田舎育ちの次男さんであるご主人様

(長男さんが実家で同居)

キャリアウーマンで妊娠中の奥様

(産休・育休後は職場復帰してバリバリ働きたい)

30代のご夫婦で、街中のアパートで暮らしていたものの

ご出産を機にマイホームを検討されていました。

 

場所は、当時のご夫婦の職場にも

奥様のご実家にも近く

産後に安心して職場復帰できるということで

街中の物件をご購入

 

共働きで、ご夫婦だけで十分な資金があったこともあり

”親にはまだ内緒なんです。

家ができてから、ビックリさせてやりたいんです!”

と自信に満ち溢れたご夫婦でした。

 

後日、新築お祝いにお邪魔したところ

何やらあまりうれしそうではないご様子…

 

詳しく伺うと、ご主人様が

”できた家には十分満足しているんです。

ただ、うちの親が大激怒で…”

 

どうやら奥様のご両親は

娘さんが近くにいることもあり

大喜びだったそうですが

逆にご主人様のご両親は

事後報告に大激怒!

ご主人様からすると

すでにご両親は長男さんと同居しているため

自分が実家から離れても、問題ないと思っていました。

 

ただ、ご両親からすると

田舎に土地があるのに

なんの相談もなしに

わざわざ街中で購入するなんて!!と。

自分で働いて建てたマイホームを

サプライズで紹介したかったご主人

将来マイホームを建てるなら

土地の用意をしてあげたかったご両親

誰も、何も悪くないのですが

すれちがいでこんな結果になってしまいました。

教訓

「資金援助」という目に見えた力だけではなく

マイホームを持てた

というのは、たくさんの人の力があってのことだと思います。

 

マイホームにこれから住むご家族が主人公ですが

登場人物はほかにもたくさんいますよね?

そんな方々にも喜んでもらえるように

周りのご意見を聞いてみてはいかがでしょう?

関連記事


PAGE TOP