東かがわ市の不動産動向

早いことでもう6月に入りました。
2020年怒涛の上半期もあと少し。

コロナウイルスの影響もだいぶおさまったとはいえ
まだまだ安心できない状況は続きます。

ここ最近の東かがわ市の不動産動向(福栄不動産調べ)をお伝えします。

3月の3連休
例年なら春のお彼岸の帰省で売却のご相談が多い時期ですが
県をまたぐのは控えた方がいいというこで延期に…

4月、5月
ありがたいことに
不動産を売りたい、買いたいというお問い合わせはいただくものの
県外からのお問い合わせが多く、お会いすることは自粛…

という感じで、なかなか案件としては進められていないものの
今までと明らかに違うのは
県外からのお問い合わせが多くなったこと

売却したい方のご希望は
”今後時代がどう変わっていくかわからない中で、少しでも負担を減らしたい”

購入したい方のご希望は
”働き方が変化する中で、都会にこだわる必要がないので自由に生活をしたい”

このような方々に加えて
東かがわ市在住の方からも不動産を探しているというお問い合わせも増えています。

このコロナウイルスの一件で、「住」への思いが一層強くなったのかなと感じております。

まだまだ積極的に動けない部分もありますが
みなさまのご希望を叶えるためにも
福栄不動産にできることに取り組んで参ります。

関連記事


PAGE TOP